【顔ヨガ動画】三角の舌で二重あごとあごのたるみをすっきり解消!

顔ヨガ「三角の舌」の画像
顔ヨガ「三角の舌」の画像

菊池和香子先生の顔ヨガレッスン

【顔ヨガ動画】三角の舌で二重あごとあごのたるみをすっきり解消!

年齢を重ねるごとにたるみやすくなり、なかなか戻らないあごの悩み。
老けて見える原因になってしまう二重あごやあごのたるみは、首周りのストレッチを続けていくことでそんな悩みは解消できるんです。
顔を上げて舌を突き出すだけの「三角の舌」でシャープなフェイスラインを目指しましょう!

顔ヨガとは?
顔ヨガは顔の筋肉を鍛え、表情やシワの改善をしていく顔のエクササイズです。
このまま10年経つとどんな顔になっているかチェックしてみませんか?
きっと、今すぐ顔ヨガを始めなきゃという気持ちになりますよ。

【顔ヨガ動画】老け度チェック!10年後にはどんな顔?

「三角の舌」でシャープな輪郭に!

「三角の舌」で広頚筋(こうけいきん)と舌筋のストレッチを続けることで、シャープな顔のラインを作ることができます。

広頚筋とは?

広頚筋は、首の肉を支えている筋肉のことです。
この筋肉は下あごから胸の上部にかけて覆っています。
この広頚筋の働きが弱くなってしまうと、あごから首にかけてのラインがたるんでしまいます。

舌筋とは?

舌筋は、その名の通り舌を動かす筋肉の総称です。
舌筋が衰えてしまうと、二重あごになってしまうだけでなく、噛み合わせや飲み込む力、呼吸などに悪影響を与えてしまいます。
また、口のしまりが悪くなってドライマウスや口臭なども引き起こす可能性があります。

「三角の舌」のやり方

1.首を後ろに倒します。

首に痛みがある場合、無理して倒そうとせずに両手でデコルテのあたりを押さえましょう。
こうすることで、首を大きく倒さなくても広頚筋をしっかりと伸ばすことができます。

2.口をポカーンと開けて、舌だけを天井に向かってまっすぐ突き出します。
この状態で10秒くらいキープしましょう。

顔ヨガに関するおすすめ記事

【顔ヨガ動画】キングスマイルで目元と頬のたるみを予防、解消!

【顔ヨガ動画】ムンクの顔でほうれい線解消&デカ目!たるみ、クマ改善

アドバイザー

菊池 和香子

WAKAKO KIKUCHI

顔ヨガ アドバンスインストラクター

この記事をシェア