寝るときに手足が冷たくてなかなか寝付けません。

質問

寝るときに手足が冷たくてなかなか寝付けません。
温まるまで寝られなくて、寝不足が続いて辛いです。。
どうしたらよいですか?

回答

末端型の冷え性のようですね。体は温かいのに手足だけ冷たいという方の考えられる原因は
・血流が悪くなっている
・炭水化物を摂取不足
・無理なダイエット
・運動不足
などになります。

特に、末端に血液がうまく行き届いてないことにより、冷えておりますから代謝をあげる食事をしていきたいですね。

体を芯まで温める食材でこの時期にオススメなものは、人参です。

人参にはβ-カロテンが多く含まれていますが、抗酸化作用があるほか、体内でビタミン Aに変換され髪の健康維持や、視力維持、粘膜や皮膚の健康維持、そして、喉や肺など呼吸器系統を守る働きがあるといわれています。
油との相性がいいので、揚げ物や炒め物、ソテーなどのように調理をすると、一緒に摂取できてビタミンAの効果が増すそうです。
また、冷え性の方は、控えるものにも注意をしていただくことが大切です。

どんなに体を温める食材を食べていても、その反対の冷やす食材を日常的に摂取していると本末転倒です。
特に毎日飲みがちなドリンク類、ほとんどが体を冷やすものです。毎食ごとにコーヒーを飲まれる方はご注意ですね。

南国系のフルーツである代表選手としてバナナがありますが、非常に体を冷やしやすい食べ物ですから、毎朝食べられている方などは、冬の時期だけでも止められた方がいいでしょう。

それから、オススメなのは「冷えとりソックス」
何重にも重ねて履く方法ですが、寝る時は締め付けのあるものは避けて、緩めでオーガニックコットンの冷えとり専用ソックスが良いでしょう。
デスクワークの多い方はレッグウォーマーなども日常的に活用するといいですね。
根菜である人参を食べて体の中から温めて、寒さ対策をしっかりすることによって、より早い改善が見られるでしょう。
ビューティーフード研究家
室谷真由美

mayumi_muroya

アドバイザー

室谷 真由美

MAYUMI MUROYA

モデルビューティーフード研究家ナチュラルフードインストラクター

この記事をシェア